2016年02月12日

花粉症改善 2016 病院や薬が不要 自宅できる花粉症解消

薬を使わず体に負担のかからない安全な方法だからこそ
本当に花粉症を改善したいと思っている方に



花粉症の原因はなにも1つだけによるものではない、という点です。

症状によっては複数の原因が重なっている場合もあります。
そして原因が重なると、その分治療が難しくなってしまうケースが多いです。

だからこそ、よほどの専門知識がない限り、
誰にも知られず自分だけでこっそり花粉症を治すのは困難なのです。

花粉症を正しく改善するにはどうすればいいのか?
それには、大まかでも、あなたの花粉症のタイプを知る必要があります。

花粉症にもう悩まなくていいなんて!花粉症改善プログラム「花粉バスター」

個人差があるように、タイプが違えば解決策も異なります。
あなたのタイプに合わない治療を続けると、症状を悪化させる可能性も高まるのです。

タイプ1
「免疫低下」による花粉症タイプ
タイプ2
「ストレス」による花粉症タイプ
タイプ3
「体質・遺伝」による花粉症タイプ

もしかしたら、1つでなく2つ以上思い当たる節があるかもしれません。
それでも大丈夫です。

次に、タイプが分かったところで、
それぞれのタイプの主な原因についても見ていきたいと思います。

このような症状が引き起こされるのには、それぞれ理由があります。
花粉症を治すには、この原因に根本からアプローチしていく必要があるのです。


「免疫低下」による花粉症タイプ
その原因とは
体の免疫機能は、睡眠不足や疲労などが原因で低下しやすくなります。
また、食生活の偏りによる栄養バランスの崩れも免疫力の低下につながります。
さらに、今では至るところで除菌や殺菌が行われ、体が外部からの攻撃に
弱くなり、免疫ができにくくなるのです。
花粉症の改善には、この免疫力をアップさせる工夫が必要になってきます。


「ストレス」による花粉症タイプ
その原因とは
ストレスを強く感じると自律神経の働きに乱れが生じます。
花粉症はアレルギー反応のひとつですが、自律神経にはアレルゲンへの反応を
過敏にする働きもあって、それが強くなるとくしゃみや鼻水といった花粉症の
症状が現れるのです。仕事などでのストレスが多いと、暴飲暴食、睡眠不足と
いった生活習慣の乱れにもつながり、花粉症と共に体調を崩す原因になります。


「体質・遺伝」による花粉症タイプ
その原因とは
全ての花粉症が遺伝によるものではありません。ですが、両親またはどちらかが
花粉症である場合、遺伝する可能性はかなり高くなります。
花粉症が遺伝するというより、アレルギー体質が遺伝するので、アトピー性の
皮膚炎や喘息などが遺伝している場合は、花粉症になる可能性も高まります。
毎日の食生活も、花粉症にかかりやすい体質を作りやすいとされています。


注意しなければならないのが、
花粉症の原因はなにも1つだけによるものではない、という点です。

花粉症の症状によっては複数の原因が重なっている場合もあります。
そして原因が重なると、その分治療が難しくなってしまうケースが多いです。

だからこそ、よほどの専門知識がない限り、
誰にも知られず自分だけでこっそり花粉症を治すのは困難なのです。



年齢や体質に関係なく実践できる
わずか4ステップの簡単「花粉症の改善」プログラムになります

このように、一時しのぎではなく、症状を改善していくには
根本的なアプローチが必要になります。

「とは言え、すごく難しいんじゃないの?」
「もともとアレルギー体質の私には無理なのでは・・・?」


という声がたまに寄せられますが、そんなことはありません。
基本的には、以下の"4ステップ”を順番に進めるだけでOKです。

ステップ1
自分の花粉症のタイプを正確に把握して原因を突き止める
ステップ2
花粉症を根本から改善する事を念頭に原因別に改善方法を実践する
ステップ3
効果の高い花粉症対策を並行して実施し
日常からスッキリする
ステップ4
1~2か月後を目安に、再度自己チェックを行う

もちろん、タイプ別にも方法がありますが、流れは一緒です。
たったこれだけで、あなたの花粉症は改善されていくのです。

嬉しいことに、実践者の中にはこのステップをこなしただけで、
口臭や他のアレルギーど、別の様々な症状が改善された方も多くいらっしゃいます。

薬を使わず体に負担のかからない安全な方法だからこそ、心身ともに健康になるんですね。
本当に花粉症を改善したいと思っている方に、是非読んでいただきたいと思っています。

posted by 花粉対策2016 at 06:33| 山梨 ☀| 花粉症改善 | 更新情報をチェックする